読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離婚が多いわけ

f:id:Joey01:20170317132739j:plain

B:この本の一節にこんな文章がある

The proponents of "ancient commune" theory argue that the frequent infedelities that charcterize modern marriage and hige rates of divorce ... all result from forcing humans to live in nuclear families and monogamous relationships that are incompatible with our biological software.

X:ほう、これはどういうこと?

B:一部の進化心理学者は古代の採狩猟民らは、現代のような一夫一妻制や核家族型のグループで過ごしてはいなかったといっている。つまり、女性はどんなグループ内のどんな男性とも性交を行うことができ、メンバー全員で子育てを協力して行っていたそうだ。

X:ボノボみたいだね

B:実をいうと記録に残っていて、今PKO関連で日本で話題になっている南スーダンのバリという場所の原住民たちは、まさにそういった性生活を営んでいたそうなんだ。彼らの信条によれば、多くの男性の精子を女性が受け入れることで、狩りや戦に強く、愛情ある子供が生まれてくるとされていたという。

X:なるほど、多くの男性が交わってしまえば、男性にとってどれが自分の子なのかは分からなくなる。よって、どの子供に対しても子育てに積極的になる働きも生まれるわけだね。

B:その通り。古代の方が実は人間のDNAの理に適っていたこともあるんだ。そして、現代、多くの人間が自分のパートナーや子供を大切にしたり、北朝鮮やシリアの政権が父親から子供へ受け継がれることも説明がつくんだ